葬儀の一般的な費用は?

葬儀の一般的な費用は、200万円程度であると言われています。一般的なお葬式とは、通夜と告別式のことを指しています。特に、告別式では参加者の人数によって、費用が大きく違ってきます。家族だけで行う小さな葬式なら、それほど費用はかからないかもしれませんが、大きな会場を借りて、たくさんの人が参列すると、食事代だけでもかなりのコストがかかるようになります。
最近では小さなお葬式というものが行われることも多くなっています。小さなお葬式では、通夜と告別式を行わず、火葬だけを行います。費用は20万円以内ですむこともあります。生活保護を受けている人でも、コストが20万円以内の小さなお葬式ならば、全額を支給してもらえるので、行うことができます。ただし、あらかじめ申請をしておくことが必要になります。
かけた費用が故人への気持ちではないので、お金がない人は無理をせず、小さなお葬式を行うというのも1つの選択肢となるでしょう。しっかりと故人を見送って、気持ちの整理をつけることが重要になります。