シンプルなお葬式

お葬式のは出来るだけシンプルにしたいと考えている故人の意見を尊重し、実際に本当にシンプルにしました。
お花などで飾ることもなく、全体的には本当にシンプルになってしまいました。
これでよかったのだろうか、と後々思うこともありましたが、亡くなった方のことを思うとそれでも良かったのかもしれません。
友人や知人、親戚も多い方ではないので、誰を呼んでいいのかも分らず、結局は本当に身内のみの参列にて行いました。
本当に静かなお葬式になりましたが、しっかりと故人とお別れをすることが出来たと思います。
形式的な物はほとんど行わずに、進んだ分形にとらわれすぎることなく、これが人の最後というものなのかな、なんて思いながらも、なんとなく感傷に浸っていました。
生前から、ずっと「シンプルな葬式で良い」と言っていた通りにしたので、これで良かったのだと思います。
色々な形がありますが、故人の意見を尊重して行うのがなんだかんだで一番良いのではないでしょうか。