最後のセレモニーの葬儀

誰にもいずれ死は訪れるので、葬儀は避けて通れない人生最後のセレモニーです。最近ではあえて簡略化して直葬や家族葬にするというケースもありますが、直葬の場合はよほどの理由がない限りは行うのが難しいです。生活保護でお金がないという場合や、故人の意思でどうしても直葬にする必要があるといった場合以外は他の方法を選択するのが普通です。
家族葬のほうは、都市部を中心に選択する人が増えています。地方だとその土地の人たちとつながりが深いため、家族だけで葬儀方法を選べないことが多いですが、都市部だと自由に選びやすいです。
家族葬は素っ気なくて故人に失礼という人もたまにいますが、本当に故人のことをよく理解していた家族だけで送ってあげることで、本当の意味でのセレモニーをすることができます。また、最近では故人が家族葬にしてひっそりと送ってほしいと希望するケースも増えています。
葬儀と一口にいっても、様々な方法があります。