近年の葬儀の様変わり

葬儀も近年では高齢化、近所づきあいの希薄さ、核家族化などの要因と故人の遺志や、ご遺族の予算、要望によって、従来の一様な葬儀の仕方ではなく、様々な様式が取り入れられているようです。
一般的にはどのような仕方があるのでしょうか。 

まず従来の形の一般葬があります。だいたい50人以上の方を予定して、遺族親族とともに他の友人、知人など一般の参列者を招く形式です。 費用は高額なことが多いでしょう。 

そして今需要が増えてきている家族葬、基本的に遺族と親族のみで執り行う葬儀です。家族葬は一般の参列者は参加せず、遺族、親族、ごく親しい友人のみで執り行われます。規模が小さく、一般葬に比べて費用も安くすみます。

直葬というのは最も簡略化された形式で、お通夜や告別式などの葬儀をせず、火葬のみを行います。
費用も最も少なくなります。

愛する人を送らなければいけないつらい儀式ですが、後悔のないように送ってあげたいものですね。それには簡単なことではありませんが、家族で相談しておくことが一番大切なことですね。