葬儀にかかる費用は3種類

葬儀にかかる費用は、葬式本体にかかる費用、接客飲食代、寺院費用の3種類があります。接客飲食代は、参列者の人数によって大きく変動します。参列者が多い場合には、会場も大きなものを借りなければなりませんし、飲食代もそれなりにかかります。寺院費用は、お布施のことですが、このコストを節約するのは難しいです。少なくとも30万円くらいはかかります。
合計すると150万円~200万円程度の費用がかかりますが、コストを抑えたプランなども用意されています。火葬だけを行う場合なら、接客飲食代などがかからず、20万円以下におさえることもできます。不況の影響で、お葬式のためのお金が用意できないという人がいますが、小さなお葬式でもよいので必ずあげるようにしましょう。葬儀業者によっては、分割払いに対応していることもあります。生活保護受給者なら、葬祭扶助があるので、20万円以下なら全額支給されます。かけたコストが故人への気持ちではないので、借金をするときにはよく考えましょう。